スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
そろそろ発売です
日記が告知ばかりで申し訳ありません。
今月は僕が挿絵を担当させていただいている電撃文庫「世界の中心、針山さん」の2巻とポプラポケット文庫「ベルドレーヌ四季の物語 冬のマドモアゼル」が発売となります。
「針山さん」は前巻同様、作家の成田さんとイラストレーターの僕とヤスダスズヒトさんと担当さんが色々な遊びを盛り込んだ感じの本になってます。まとめるデザイナーさんは大変だろうなあ。
絵に関しては前回はヤスダさんが表紙で僕が口絵でしたが、今回は僕が表紙でヤスダさんが口絵です。
ついでに、前回ヤスダさんが裏表紙までしっかり描きうめてしまったので、今回僕もやらざるをえなくなったり(笑)

他の絵描きさんの作ったキャラクターを描くのは結構大変です。
服装デザインとかのこだわり(僕はほとんど無いですが)とか色使いの違いとか。
でも、そういった違いに気を配って描くことで、かなり勉強になったりします。

今後も針山さんの仕事は続くと良いなあ。楽しいから。
漫画のほうでも忙しく仕事されているヤスダさんにとっては僕とリンクして仕事するのは厄介かもしれないですけど(笑)


「ベルドレーヌ」の今回のお話には僕はかなりはまっております。
プライドのかたまりの女王様キャラである三女ベッチナの理想と違う恋物語。
理想と違う恋の相手に人前では表面上ツンツン見せつつも、心の中はデレデレだったり困惑だったりで本来の女王キャラがコントロール不能に。

他にも、内向的な四女オルタンスの、ある少女との出会いから生まれた心の変化と、自分の殻を破るための一大チャレンジのお話も。
面白いので是非読んでみてください。





スポンサーサイト
【2007/02/09 13:21】 | 仕事 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。