スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
目が…
眼科に行ってきました。
実は1か月ほど前から目の前に突然黒い点が一つと糸くずのようなものが2本くらい見えるようになり、眼球の動きに合わせてひゅんひゅん動くのです。
仕事が片付いて暇になったら眼科に行こうと思ってて、今日ようやく行ってきました。

診断の結果はなんとなくわかってたのですが、飛蚊症だそうです。
ボクシング漫画とかでたまに見たことがあったので知ってました。

一応、出血性によるものでも目に大きな異常があるわけでもなく、眼球の中の硝子体の中の液が濁ってしまったからだということです。
治す方法もなく、とりあえず濁りが目立たない場所に移動してくれるのを期待して待つしかないそうな。
今はど真ん中にちらちら見えるので、それに焦点が合うと非常にウザったい。
消えてくれないかなあ。

検査の前に入れた瞳孔を広げるだか何だかの目薬。
目がぼやけますよって言われたんだけど、ほんとにぼやけて周りが明るく見え始める。
そして地獄だったのが帰るときに外に出たとき。

ぎゃあああ!眩しいいいい!
目を開けてられない!

片目を手で覆い隠して家まで帰りました。
いやぁ驚いた。




あ、画集の重版がかかりましたー。
買ってくれた人、ありがとうございます。
うれしいなあ。
スポンサーサイト
【2011/05/31 17:22】 | 未分類 | page top↑
知らないと
最近、銃器を描くような仕事が妙に多くて、知識がほとんどないのでモデルガンでも買っちゃおうかと。
いまさらですが…。

実際にうちには以前の仕事で担当さんに買ってもらったセンチメーターマスターとかいうエアガン1丁とウィンチェスターM1892 ランダルカスタムとかいうエアガンが1丁あるだけ。
後者は、まあ知ってる人は知ってますね。
バッカーノでラッドが持ってる短いライフルを描くときの資料にしました。
実際はとある映画の中の銃なのでまんま描けないし銃を描く画力もないので適当に描いてごまかしてましたが。

で、話戻すと、安物のエアガンではどのパーツがどう動くものでどういう役割をするのかわからない。
まあ、そういうパーツの役割はネットで調べりゃわかるんですが、思った通りにパーツが動いた状態のいい資料なんてそうそう見当たらないので、手元にほしいんですよね。
そういうのをきちんと見て知って描いた絵とそうでい絵とでは、メカ描くのが苦手でも下手なりにも多少違いが出るかなあと。
しかも安物のおもちゃだと、本来ありえないパーツとかあったりもして知識ない僕には危険だ。

で、結構リアルなエアガンを調べると…高い!

サバゲーやってる人たちって人生かけてるなあって思っちゃいます。
いや、打ち込むことがあってこそ人生だな。ああいう充実した楽しみを持ってるのは、仕事でヒッキーな僕からすればうらやましく思う。

買うか!
はまりすぎない程度に知識を得よう。
すでに調べてるだけで少し知識がついた。ホントいまさらだけど。
銃のわきや上にについてる凸凹したプレートが単なるお飾りじゃないなんて基本的なことを今更知ったぞ(笑
知らないというのは恐ろしい…お飾り気分で描いてたよ。
まあ、こういうのは銃をアップで描かないかぎりわからないでしょうけど、描かないで済むようにと絵の構図を考えたり変えたりするのは情けない。
すべてに忠実にとか言い出したらキリもないし、資料だけで原稿料がぶっ飛ぶから生活やってけんけど。
できる範囲で。
これも仕事だな。

安くて精巧な資料があればいいんだけどなあ。
【2011/05/30 19:42】 | 未分類 | page top↑
アバター3D
届いたー。

先日テレビの調子が悪くなって新しくパナソニックのビエラを買ったのですが、アバター3Dもれなくプレゼントキャンペーンってのに送ってたのが届きました。
意外なことにアバター3Dって販売されてないんですね。

3Dって飛び出すというより奥行きですねー。
でも、テレビ程度だとあまり臨場感はないなあ。
やはり多重スクロール的に思えてしまったりもする。
たまにハッっとなるような立体感があるときもあるけど。
かなり立体的に見えるような映像を意図的に撮影したものでないと厳しそうですねー。
とはいえ、アバターはやっぱりほかの3D映像と比べるとかなり立体に見えます。
夜に部屋を暗くしてテレビのフレームが気にならなくなる状態でみるとちょっと立体感増して見える気がする。
テレビのフレームでの区切りが立体感を損なわせてるんだろうなあ。
3D度合いを調整する機能とかもついてるんですが、飛び出して見える感じに調整すると映像が多少ぶれて見えてちょっとつらいかな。
奥行きがある感じに設定しておくほうが目に優しそう。

テレビの機能で2Dカラ→3D変換というのがあるんですが、これは期待しないほうがいいレベルですね。
なんか、色で判別してるのかなんなのか、奥行き優先順位が違うだろーって感じで変換されることも多く、背景の赤い部分が手前にいる人より前に来るとか(笑
でもまあおもしろいかな。

しかし、3Dコンテンツが少ないよなあ。
3Dテレビライフーなんてことはなさそうです…。

うーん、今まで使ってきたBRAVIA KDL-40X1000は映像は何とか映るので
セカンドPCのモニターにしちゃったりしようかなあ。
お気に入りだったのですが、完全に型落ちです。
リモコンとか無駄にかっちょえー感じなのですが、ちょっと使いづらい。
携帯電話みたいにパカッと開くタイプなんですよ。
質感もシルバーでどっしり重くて。
6年前くらいの製品なのにネットにもつながってPCに保存されてる動画とか音楽とかも見たり聴いたりできちゃってたんです。
新しく買ったビエラは当然できるんですが、なんか使えるデータがかなり制限されてるのか、MP3の音楽は片っ端からダメで、動画もかなりフォーマットが制限されてる。
前のテレビのほうはほとんどのフォーマットが大丈夫だったのになあ。
新しくなって制限が厳しくなってたりするのかな?


【2011/05/29 13:42】 | 未分類 | page top↑
コメントありがとうございます
コメントやメールをありがとうございます。
ちょっと反応早くてびっくりしたんですが、イース7や零が楽しかったといってもらえてうれしいです。

コメントをいくつか読ませていただいて、僕の文章のせいでちょっと誤解をさせてしまったようなので、一応付け足しを。
特に批判を受けてそれを気に病んで降りるとかいうわけではありませんのでお気遣いなくです。
本来なら仕事を降りるのではなく、お客さんの要望に応えるべく描き直したいくらいの勢いだったんですが、スケジュールの都合で降りざるを得なくなってしまったということなんです。
思い入れを持ってくれてる人たちが残念がって違和感を訴えたりなんて当然なので、それを批判だとは僕は思ってなくて、大事な改善点の意見だと考えるので、改善に挑めなかったのが一番残念だったりしてます。
どちらかというと中途半端に投げ出してすいませんという気持ちです。
そして、僕がするべきだった作業で負担をかけてしまったスタッフさんに申し訳ないなあと。
ファルコムさんに対しては、なんかお手伝いできることがあったらいつでも…スケジュールが合えば(笑)お手伝いさせていただきたいなあと。


とにかく、公表され始めた作品の見栄えや出来がかなりよさそうなのでかかわれなかった自分が悔しいやら安心やら。
リーシャが存分にエロ可愛いですし。
やるなファルコム絵師(笑


僕の絵でイースや零を知って面白かったので今後も遊びますとコメントいただけたのはうれしかったです。
個人的には零のシリーズはやっぱり楽しいと言ってもらえるのが一番うれしいので、続編の碧もぜひとも応援よろしくお願いします。


そしてメイルがんばれ!
【2011/05/28 21:46】 | 未分類 | page top↑
修羅場を抜けて
ここ数か月、複数の仕事を掛け持ちで進行してまして、まったく休む間もなくといった感じでしたので、日記がまたもや放置状態になりました。
すいません。生きてます。

ようやく仕事量も落ち着いてきて、少し余裕ができてきました。
6月に入るとまた忙しくなりそうですが。
6月以降のお仕事の依頼をくださってる皆さん、メールなどの返信が遅れがちになってしまって申し訳ありません。
ホント、複数のメールと仕事とで大混乱で切羽詰ってました…。

プロバイダを変わったのにサイトがいまだに以前のプロバイダのままで、お金を払い続けてる状態なので、今のうちに何とかしときたいなあ。


あと、仕事のご報告を。
コナミさんから発売予定の「戦律のストラタス」というPSPゲームのキャラクターデザインをやらせてもらっております。
現在は主要な3人が発表されております。個人的には禊が気に入ってます。
他にもかなり癖のありそうなキャラクターを複数デザインをさせていただきましたので、今後の発表をご期待ください。


6月に電撃文庫から「バッカーノ!1932-Summer man in the killer」が発売されます。
なんか、今回発売される電撃文庫の中でも特に浮いちゃってますが、まあ、こういう雰囲気のお話なので。
イラスト案考えてる時に「女キャラがほぼでないよ。表紙どうしましょう。」なんて悩みを担当さんとしちゃったくらい。
とか言いながら、やはり口絵では女キャラ描きましたが。


電撃ホビーウェブで「マクロス・ザ・ライド」が更新されました。
新キャラ2人追加です。
今回は二人とも男です。
描いてて楽しかった。

ほかの仕事でもなんですが、男キャラは癖ある感じの顔に描けるから楽しいなあ。
読者さんもそういうのを望んでくれるので色々考え甲斐があります。
女性キャラはなんだかんだ言っても癖のある顔にしすぎると読者さんや仕事相手に興味持ってもらえないことが多くて、結局は可愛いとか美人系ばかりになってしまうのでバリエーション作るのが苦しい(笑
ヒョローンとしたのとかゴッツイのとかいかにもおばちゃんとかお婆ちゃんとかも描いてみたいんですが機会が少ないですね。



質問などもらっちゃったので、一応ご報告させていただかないといけないかなということで。
ファルコムさんの「碧の軌跡」ですが、発注のタイミングやスケジュールの状況とか色々なことがありまして参加を遠慮させていただきました。
修羅場でアップアップな状況の僕の仕事を押し込んで、ファルコムさんの仕事の進行のストッパーになってしまうと、僕自身の絵のクオリティーもですが、ゲームのクオリティーやゲーム内容の物量にも影響しかねませんので。
それでもといってくださったファルコムスタッフの皆さんには感謝しているんですが、僕も元ゲーム製作者でゲーマーなので、そういう状況の自分の絵を押し込むことよりも、ファンが望んでくれるクオリティーで完成させ、ストレスなく遊んでもらえるものを提供するのが一番という考えもありますので、ファルコムさんにお願いして降ろさせていただきました。

あ、前作は僕が一部ストレスを与えちゃったという原因でもありますが(苦笑)まあなおさら。
いまだにゲーム製作者やゲーマー気質のほうが強いので自分のパートであろうと問題ならバッサリ行きたかったりするんです。
「うわー、ここさえなけりゃ良いゲームなのになあ…」なんてつぶやきながらゲームすることが僕もちょこちょこありまして、まさにそれやっちゃってましたね。
あまり詳しくキャラを理解せずに描いてしまったのでファンのみなさんには申し訳なかったです。

「碧の軌跡」ですが、すでに発表されたゲーム画面やイラストを見ていただければわかると思いますが、素敵なイラストと、ゲーム中の画面もかっこいいカットインなど、どんどん充実しております。
内容もファルコムさんなので当然いい作品に仕上がると思います。
着実にファンの理想の形になってるなあと思うわけですが、絵的には自分の穴埋めをしてくださったスタッフさんのかなりの努力で「零の軌跡」以上のものになってるわけで、スタッフの皆さん、ご迷惑おかけして申し訳ありません。

みなさんぜひ買ってください!
ねんぷち出来がいいなあ…。

「イース7」と「零の軌跡」でファンの皆さんにとっては馴染みない絵柄であったと思うのですが、それでも応援してくださったり、ゲームを遊んでくださったファルコムのファンの皆さんに感謝してます。
今後もファルコム製品をよろしくです。



pm1.jpg
ねんぷち化は厳しそうだなあ…
【2011/05/28 14:22】 | 未分類 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。